人気ブログランキング |

法令に関すること他、様々な出来事を書いています。


by akimotojimusho

<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 先日、労働保険事務組合研修に参加させて頂きました。
 前半は、事務手続き手順などの説明があり、後半は、人材育成研修として「加入勧奨活動に生かせるマナーについて~」研修しました。

今回は、人とよりよいコミュニケーションをとるための方法も研修してきましたので、紹介をしたいと思います。

≪優位感覚≫
 よりよいコミュニケーションをとるためには、相手の立場に立てる(相手を知る)事です。その1つの方法として人間の五感には≪優位感覚≫と呼ばれる利き感覚があるそうです。同じ体験をしても優位に働く感覚は、人それぞれ違うそうです。≪優位感覚≫には「視覚」「聴覚」「身体感覚」と3つに区別されます。

 そこで・・・一概に特徴で断定出来ないとは思いますが・・・≪優位感覚≫を見極める事によって少しでも相手を理解出来ればと思います。
   
 ※「視覚」感覚優位の特徴
   映像やイメージ図など視覚的な要素を使って物事を捉える傾向があります。
   例えば、カタログ、タブレット等を用いてコミュニケーションを図る。

 ※「聴覚」感覚優位の特徴
   音と言葉に敏感な傾向があります。
   例えば、端的な言葉でコニュニケーションを図る。(何度も、しつこくは、嫌がられます)
   
  ※「身体感覚」優位の特徴
   物事を判断するときに、感覚や直感、触感を大切にします。
   例えば、体感、触れてもらってコニュニケーションを図る。

   是非!!皆さんも身の回りの人の特徴をつかんでみて参考にしてみてください。




e0332178_16423243.jpg

 
by akimotojimusho | 2013-09-24 16:53 | Comments(0)